株
株式は常に儲かるもので、損をする事は無いと考えるのは間違いです。目先の勝ち負けに拘らず、中長期的な視野で利益を上げる方法を考える事が重要です。投機ではなく、健全な投資として株を説明するサイトです。

誰でも陥りがちな株式投資の落とし穴

投資に失敗してショックを受ける男性投資をして陥りがちな落とし穴としては、損切りをうまくすることができないというものがあります。どのような投資の指南書や解説書などを見ても、適切なタイミングで損切りをすることが重要だと説いていますから、投資を始めたての頃というのはそれを愚直に守って損切りが続いてしまうことが多いものです。

確かに損切りというのは重要なものなのですが、何でもかんでも損切りをすればいいということではなくすぐに損切りをした方がいい場面もあれば、様子を見たほうが良い場面もあります。
しかし、投資に慣れていない人がそれを的確に判断するのは難しく機械的に損切りをしては、小さな損失が積み重なっていくことになります。

そうしている内に損切りをしなければ値が戻ってくることが多いと思うようになり、今度は損切りをしないようになってしまいます。損切りをしなければ勝率自体は高まりますが、一度負けてしまうとその際の損失というのは非常に大きなものとなります。損切りをしないようになって、最初の内は値が戻ってくるのでこれが正解だと思い込んでしまいがちなのですが、ある時大きく値下がりをすることになり、買値の半値になってしまって大きな含み損を抱え損切りをするにもすることができず、身動きをとることができなくなってしまうということがあります。それでも値が戻ってくればよいのですが、更に値段は落ち続け半値どころか三分の一、五分の一と大事な資産を大きく目減りさせてしまうことが多いものです。

何回か失敗が続くと方法が間違っていたのかと思ってしまいがちで、そこから余計に悪い方向に進んでしまうというのは誰でも陥りがちなものですから、最悪の結果を招くような取引は避けるようにしましょう。

関連記事はこちら